ボールとポールを取ってホールを付けたい

東京生まれ毒親育ち。性自認は「男ではない」。せめて、半端者らしく。

考課面談 2020年度下期

公私の私の方で胃の痛い出来事が続いていますが、公の方でも胃の痛いこと一つ。昨年度分の考課面談がありました。

 

私の前の先輩が本来45分のところ1時間10分もかかっていて、さて私はどう処刑されるのかと戦々恐々。仕事ぶり然り、容貌然り。"最後通告"も遠くないと思っていた私。ところが待っていたのは、予想の真逆をいく評価でした。

上司、なんとまぁ甘々にかなり高めを頂きまして。今まで手を付けられなかった部分の運用改善や積極的に休職者フォローに回ったことを中心に評価され、ダメだという方向のコメントは無かったんじゃないかな。指摘事項があるとすれば、昨年度に行ったことを踏まえた新運用の地固め。私からしたら「そんな当たり前のことを考課の材料に入れないでよ……」と思うような些細なことまであげつらって、或いは拾い上げて、責任感やコミュニケーションについては私史上最高点を獲得。

こんなことを書くと『お前がまさかそんな』と驚くかも知れません。確かにCOVID-19の影響で万年繁忙期だった状況下で且つ休職者も出た中でのことだったので、今回の高得点が『今回限り』になる可能性はあると言われています。ですがそこはそうならないよう、少なくとも『2020年度下期と比べてどうした』と言われないように粛々とできることを重ねていこうと思います。

 

しっかしまぁ、責任感の評価について「就業規則を常に気にしながら仕事をしていること」を根拠の一つに挙げられた時はびっくりしましたね。誰もが当たり前にしていることだと思っていたから。しかしどうやらそうではないらしい。休暇とか自分の損得に関わる所は見ても、処罰まではそうそう目が行かないんだとか。これはやっぱり私が"後ろ暗い"所の多い人間だから気にしてしまうのでしょうね。家庭の事情もそうですが、何よりセクシュアルマイノリティであること。それを隠しながら治療を進めていること。それに関わる労働争議の事例を日常的に目にしていること。この辺を抜きにしても使用者はいくらだって横暴になれると知っていること。だから、自分の行動や外見が就業規則に照らしてどうかには敏感なのです。いくら面談の終わりに公私のストレスは無いかと尋ねてくれるような上司だとしても、私の"後ろ暗い"所を明かせばいつ掌を返されるかわかったものではありません。勝って兜の緒を締めよではないですが、警戒心は解かずにいきましょう。

 

ついでに自己評価シートの『文章がうまい』なんてことも言われたけれど、もしかしたらブログの継続が奏功しているのかも知れない。語彙のチョイスに関しては、別に「多寡」とか「厭わない」は普段から使うと思うけどなぁ。

分籍

土曜日に提出した分籍届。無事に新しい戸籍が出来上がっていたので、受け取ってまいりました。

 

三度の「実家ポストチャレンジ」に失敗しながらも急げば間に合うことがわかり、せっかくならと最短でゲットすることに。役所の夜間窓口が閉まる3分前に、滑り込みセーフを果たしたのでした。窓口で先日分籍を届け出た旨を説明しながら書類を記入。新たな戸籍は5分も経たずに発行されました。

私一人の新しい戸籍。法的な絶縁ができない我が国においてはポーズに過ぎないが、これだけではまだ居所を辿れてしまうが、それでも自らの意思でそれを行った事実にはインパクトがある。従前の戸籍に記されるは生まれ育った地。そして燦然と輝く「分籍」の二文字と日付。私が筆頭者だ文句あっか。誰でも簡単にできる手続きだけど、嬉しいという感情は私の心の中に。

 

肝心の引っ越し関係が全く不透明な状況なのですが、これはこれで一つ中間地点的な区切りとはなる出来事。気を緩めるにはまだ早いけれど、少しくらいは伸びでもしたいものですね。

 

 

耳鼻咽喉科 Bスポット療法 #10

実は昨日、実家ポストチャレンジに失敗した後に耳鼻科へ行っていました。初診は現自宅に越してからだけど、場所自体は実家時代から知っていて行ける範囲だったので、案外時間はかからず着けました。

 

着いた頃には残り3名ほどで、私が最後の患者。5分と待たずに呼ばれてしまいました。心の準備もさせてくれない。前回からの変化と言えば、処置直後から血の味がする時間が短くなったこと。診察台に座ればマグロ状態にならざるを得ないので、院長にされるがまま。嘔吐反射は相変わらず強いものの、痛い範囲が少し狭くなったような気もしました。

『まだ(炎症は)強い方ですねー』とは仰るものの、『ここ3回で出血量は減ってきています』と具体的なフィードバックも頂けて、少しずつ改善は進んでいるのだと安心。10回目にして未だ挿入には慣れませんが、「やればやるだけ良くなる」というコントロール感を持てるのは引っ越しには無い気の楽さがあります。

 

昨夜時点で実家からの連絡は無し。今日もポストに行くことはできる。明日も行けるけれど、最短なら新戸籍が出来上がる日なのでできればそちらを優先したい……。心の方も含めて、

 

No pain, no gain.

元・第一希望

先程、お断りの連絡をしてきました。

セクシュアリティのこと等、色々と気を回してくれた大家さんではありましたが、やはりどうしても自分の中であのマンションが「疑似親戚付き合いの場」になってしまうことへの懸念が拭えませんでした。「親の過干渉から逃げた先には大家さんの過干渉がありました」なんて、ギャグにもなりやしない。

 

勿論こんなことは直接言えないので、お互い話していた場で共通の懸念事項として挙がっていた「既存入居者さんとの関係」を理由にしました。どうしてもそこで自信が持てなくて見送らせて頂きたく……と話すと、大家さんはあっさりとしかし人を全く不快にさせない態度で『そうかぁわかりました、まぁこういうのはご縁ものだからね、しょうがない』と言ってくださり、後味としてはとても良い終わらせ方にできたと思います。年の功、だなぁ。最終的に成約には至りませんでしたが、地元で半世紀近くやっているだけはあります。人と人との相性にはなりますが、業者としては信用できる所でした。

 

一旦保留にしていた日曜日。LGBTについて『テレビとかで存在は知ってたけど、まさか自分が矢面に立つとは思ってなかったから勉強になったよ』と仰っていた大家さん。高齢男性という属性ながらこの手のトピックを自ら調べる姿勢もあり、最終的にはこの言葉を引き出せたというだけでもお互いにとって悪くない出会いだったと信じたいですね。

 

明日以降も待たせてしまうと流石に申し訳無いしこちらが火曜くらいにはと伝えていたので今日連絡をした訳ですが、実はもう一つの物件の審査結果は未だ来ず。後には引けないですが、私自身の*1信用情報的にはクリアですしうまくいく方に賭けてみます。ダメなら一旦はごめんなさい下第三希望に再度コンタクト。迅速に丁寧に誠実に進めていこう。

*1:保証会社を使っての賃貸は今回が初めてだからね。

どう言い訳しよう

悩んでいます。原家族が現自宅の退去通知書類を見て連絡をしてきた時にどう言うか。

 

管理会社曰く、日曜日に『明日発送』ということは月曜日の今日発送されていると思われる。私宛の書類のことを言っていたけれど、恐らく連帯保証人宛の書類も同様のはず。日本郵便のサイトによると、管理会社所在地から出した郵便は翌日には実家最寄りの郵便局に到着。それを考えると最短で火曜日、発想にラグがあっても水曜日くらいには実家に着くと考えてほぼ間違い無いでしょう。

明日・明後日は定時ダッシュさえできれば大急ぎで実家に向かい再びポストチャレンジを試みます。それでも着けるのは18:15頃(ちなみに自宅より早い)。夕食の買い出しに出掛けていれば良いのですが、そうでなければ恐らく夕刊も含めて1日の郵便物を全て回収し終えている時間。正直、勝てる見込みの薄い懸けです。それでも、やらずに手をこまねいているだけよりはマシだと思っています。

 

……と息巻いたはいいものの、やっぱり成功率は低い。書類を手に取られた時の言い訳は考えておかねばだけど、自分で考え付いたり"戦友"からアイデアを頂いたりした中からどれにするかいまいち決めきれない。現状としては

  1. 「新居が決まったら連絡する」と言ってしない
  2. 「結局いい所が見つからなかった」と退去を撤回したことにする
  3. 「お隣さんの退去なのに管理会社が間違えて送った」と誤魔化す
  4. 「思い切りお洒落な部屋に仕立てて招待したいからその日までのお楽しみ」と期待させておいてトンズラ

正直、どれも原家族につけ入られる隙があることは否めません。1や4なら『親が子供の住んでいる所を知らないなんておかしい心配だから早く住所を教えろ』『連帯保証人はどうしたパパの年齢が理由ならママにすればいいじゃないか』『引っ越しの荷物だってどうするの物多いんだろうからママ達にも手伝わせてよ』、2や3なら『管理会社さんにこちらからも確認するから待っていろ』『そんな嘘をつかせる為に一人暮らしを許したんじゃない』。このくらいの反応は確実に来ます。「容易に想像できます」じゃありません。「来ます」。

この中から最善と思われるものを選ばねばならない、或いは他に案があれば有識者各位のお知恵も拝借したいです。いやはや、何でも先回りしてやりたがって外面が良く無駄に頭が回る連中を敵に持つと、そこまでの知性が無い私には相手をするのは荷が重過ぎる……。ちょーっと本気で何でも良いんでアイデア頂けませんか……。

 

不動産屋にもよるらしいですが、金銭的な瑕疵がゼロでも退去時に必ず連帯保証人に通知が行くっていうのはかなり稀みたいですね。昔の私を殴りたいよ。「ここの不動産屋はやめとけ」「保証会社を使う所にしておけ」ってね。後は、お金に余裕があれば新居契約と引っ越し日だけは動かさず現自宅の退去日を1ヶ月ずらすってこともできたよなぁと。そうすれば、通知が来た頃にはもぬけの殻。鍵の引き渡しにだけ立ち会えば良かったんだから。とか書いていたら、退去当日を狙って押しかけてくる可能性に思い至ってしまった。これ、今のプランでもあり得るよね……。そこで追い返しても、引っ越し業者のトラックを尾行されるし。

 

どうしよう、審査が通っても退去撤回になるかも知れない。

オーナーへのカミングアウトとその後

今朝、第一希望物件のオーナーにカミングアウトをしてきました。今日のツイートとツリーを見て頂ければ大体のことは書いてありますが、一応まとめとして。

 

初っ端から驚いたのは、オーナーがLGBTについて調べてくれていたということ。そこも一から説明するつもりだったので、良い意味で出鼻をくじかれました。改めて私から、身体と心のズレや医師の下で治療を受けていることや、現在の生活状況をお伝え。私が「そういう人」だということは思いの外すんなり伝わって拍子抜けさえする程。

オーナー側の懸念は「趣味か否か」と「既存入居者との関係」。実はこの近辺にはドレスを着て練り歩く『あなたのように身体まで(治療する)、ってんじゃなく』女装趣味の男性がいるらしく、そういった人には辟易しているという。だから、性同一性障害という病気ではなく『もし趣味だったら断ってた』とも言われ。傍目には区別が付かなくても、出で立ちが"いかにも"ではないことや治療を受けているということで許容された感。

既存入居者については、私以外に3人というとても小さなマンション。それ故に各々がオーナーと密接にやり取りをしているそうで、『何かあったら俺んとこに(苦情等が)来る』窓口になっている。『日によって格好が違う』とか『女連れ込んでる?』とかを言われる可能性もあるし、私が仮に黙っていたとして『(入居者とあなたが)お互いハテナマーク付けたままじゃ嫌だろ?』と気を遣って下さるオーナー。元より私は既存入居者に入居挨拶を兼ねてカミングアウトをしようと思ってはいました。ただ、いきなり私が……ではなく、既に関係のできているオーナーから入居者に私の事情を伝えるという形に。これは私も了承の上です。現自宅のマンションの1/10以下という小さいコミュニティになるので、私自身も入居者との関係構築は懸念事項である旨を伝えて、『今日やるつもり』だった契約を一旦先延ばしにしてもらいました。既存入居者からの可否によって契約を決める、ということで。これで平日に連絡待ちかな……と思っていたのです。

 

すると、帰宅途中に早速全員OKだったとの電話がオーナーから。無駄に仕事が早くて慌てる。というのも、私があの場で言葉を交わす中である懸念が浮かんできて、第二希望物件の審査を申し込むことにしたから。それは「オーナーとの相性」。確かに齢の割には柔軟に動いてくださり地元で永くやっているだけのことはあると思ったのですが、小さいコミュニティなせいかやたらと要らぬことまでズケズケと訊いてくる。職場での状況やら緊急連絡先の人物の素性やら親族関係やら現自宅での隣人関係やら……。「今のこの契約にそこまで必要か?」と思う内容まで土足で踏み込まれてしまうと、質問攻めが得意だった叔母を思い出して良い気分ではない。『これは(入居に当たっての)お願いなんだけど、今日みたいな格好(パーカー)ならいいけど、それをわかる格好はやめてほしいかな』とかもね。別に童貞を殺すようなファッションは好みではないけれど、メンズ様の格好に大きく制限される予感しかしない。要は付き合いがビジネスライクではなくなってしまう、というのがわかりやすい表現かな。現自宅での良い意味での隣人やオーナーとの関係の希薄さが、私にとってはかなり助けになっていたのだなとここに来て実感したのです。

 

こうした懸念もあって、お昼過ぎには書類を整理して第二希望の審査申込に行ってきました。こちらの物件は十数世帯と、大規模ではないが極小規模でもない。更に取引態様は仲介。第一希望のように距離が近過ぎることはないだろうとの思いがありました。念の為にいつの話だかはぼかした上で「風貌で入居を渋られた経験があるから審査が不安」とも担当者には伝達しておく。すると『今は見た目でどうこう言うのは時代じゃないと思います』と言って下さり何だか救われた心地。『ジェンダーに関することもここ数年でかなり報道されるようになってきていますし』というのはもしかして察されたのかも知れないけれど、年の頃は私と近い女性だとこうも視点が違うのかと驚かされますね。私の方に「この担当さんが窓口なら今後も込み入った話だろうと相談できる」という信頼があり、且つ性別移行ペース=治療に伴い色々と変わるまでがかなり遅いことから、こちらではいきなり深い話はしない選択を。審査が通って管理会社と会う段になったら、スーツでも着て行きましょうかね。第一希望の件は「必要に迫られた」感があったことは否めない。

 

……ということで、本日成約とはなりませんでした。第二希望の審査結果連絡と第一希望の手続日時伝達期限がだいたい火曜日頃。第一希望の可能性を残しておきつつ、第二希望の手続きにウエイトを置いて動いていきます。もうこれ、第一と第二が逆転しているような気もしますけどね。ま、それはそれで。審査結果の連絡、早く来ると良いなぁ。もうこの土日は疲れたよ……。

ジェンクリ #48 & ホルモン注射 46本目

ちょっと話し過ぎました今日は。だってこの2・3日で色々あり過ぎなんですもの。無理。でも主治医に遮られてしまう程とは、反省。

 

ジェンクリの前には分籍届の提出や実家ポストのチェックに行きつつ第二希望の不動産屋とやり取り。これだけでもだいぶ疲れて長い1日。体調の報告もそこそこに第一希望の不動産屋との件を仔細に報告しました。

オーナーからのメールを読み上げ、その内容に目を丸くする主治医。カミングアウトをするつもりだけれど、実家でも職場でも今まで避け続けてきてマトモなカミングアウトをしたことが無くてとても不安であることを伝える。私が話そうとしているのは下記。

  • 当初は身なりのことで突っ込まれるとは思っていなかったので事情をお伝えせず申し訳無かった旨。
  • 性同一性障害」という病気で、男性の身体で生まれたが女性になる為の治療を主治医の管理下で受けていること(診断書も見せる)。
  • 一貫して昼職に就いてきており水商売とは関係無く、友人を連れ込みうるさくするようなことも無いこと。
  • 今後、改名で名義が変わったり手術で長く留守にする可能性もあること。
  • 私としても他の入居者さんとトラブルにはなりたくないので、入居するなら挨拶も兼ねての事情説明も吝かではないこと。

 

主治医からは、『とても誠実さが伝わる』とのコメント。そして『後は相手次第』とも。私が不安だったのって、その『相手次第』な所を自分でコントロールできないから。ベストシナリオ通りに物事を運ばせられないから。でも、そこはどうあっても私が腹を括るしか無い所なんですよね。私の選択に対して主治医はコメントを下さって。それで恐らくあの方は私が自分で選択していないとこうはコメントして下さらなくて。口癖のように『それはご自分で決めること』と仰る主治医。何か言ってくれと何度思ったかわからないけれど、人生は誰かのシナリオ通りにはいかないし誰かがコントロールすることもできない。そういうことなのだと思います。いや、やっと少しだけそう思えるようになってきたというのが正しいね。コントロールしようとする人の下に永くいると、この辺の頭が育ちにくくてかなわん。

もう、後は明日オーナーさんと正直に向き合うのみ。これを経て私は一つ大きくなれるのかな。

 

なお注射の方は少し痛いながらもサラッと終了。Nsさんとのちょっとした雑談もまた心の荷を僅かに軽くしてくれる。多分10日後に乗り物酔い様症状が出るのも変わらんでしょう。あと夕方に注射なのに昨夜の塗り薬を忘れたせいで直前まで結構頭痛と胃のムカムカがあった。

ああ怖い。でも待ってもくれないし誰かが代わってもくれないんだよね。ご破算になったら第二希望がまだある。そこが望み。