ボールとポールを取ってホールを付けたい

東京生まれ毒親育ちのMtFtX/Ace。せめて、半端者らしく。

経皮での変化

今週末はおよそ1ヶ月振りのジェンクリ。にもかかわらず、喉に微弱なイガイガ感。昨日居た場所が乾燥していた上に体力を使う用事だったので、不調の予感しかしない…。血液検査の結果が経皮から注射に移れるかの決め手になるので、何としても万全の体調で迎えたいですね。

 

これまで使ってきた経皮(ジェル)のホルモン剤は開始から2ヶ月半ほど経ちまして。「ル・エストロジェル」を指示通りに2プッシュ/日。微弱ながらいくつか変化を感じたこともあるので、通院時の報告がてら整理してみようと思います。

  1. 胸: 自覚できる中で一番顕著な変化。今でも時々乳腺の張りは感じる。フライング期以来の膨らみを認めるも、まだまだうっすら。でもトップス1〜2枚だと視認できてしまうので、本末転倒もいいとこだけどクールビズ期はナベシャツも検討中。「あるやん」「感触がおなごのそれ」とは大切な友人の談。
  2. お尻: 微々たるものだが、多少丸みを帯びた気がする。ボトムスがきつくなるまではいかない為、気のせいの域を出ないような。かつて太っていたので無駄に肉だけはあるとも言える。
  3. ブツ: 萎縮するという話をよく耳にするが、残念ながらしておらず。元々が極小だと影響も少ないのか?”反応”することは格段に減ったと感じる。しかし”ある”こと自体の不快感は絶賛継続中。
  4. 髪: ケアに手間とお金を掛けるようになったのもあるが、確実にサラサラ感が増した。元々の「太くて硬くてうねる」性質が消えた訳ではないが、薄れてはいる。

 

変わったと思えるのはこんな所。とは言え、変化の度合いは微弱。経皮はやはり経皮なりの効果…ということでしょうか。一方、変わらなかったことや明らかにホルモンの影響と言い切れないこともありました。

  1. 皮脂: 顔の脂は元から多め。皮脂が減り乾燥しやすくなるとは言うものの、私は変わらず油田のまま。乾燥を感じることはあっても、冬場であるとか暖房をつけるとか季節性の環境因によるものが大きい。
  2. 筋肉: 少なくとも見た目に判るレベルで落ちてはいない。なのでトップスのサイズは変わらず。楽器ケースが前より重くなった気もするが、加齢で10の位が変わったことも恐らく影響している。
  3. 肌: 特に手は褒められることが増えたが、ほぼスキンケアの結果。フライング期に最初の変化は終わっていたのかも知れない。
  4. メンタル: 一番変わりそうな所が変わらないので、注射における唯一の不安要素。気分が沈むことは何度かあったが、実家絡みだったり性違和絡みだったり、割と原因→結果ははっきりしている。前兆無く急変することは無かった気がするが、身体の違和感を意識することや街で純女さんを見ては羨望と落胆に襲われることが増えたのは無関係ではないのかも。

 

そもそも当日を体調良く迎え、且つ良い検査結果(血栓が無いとか)が出ないと先へは進めない訳ですが、切り替わった暁にはより大きな変化が見られることを期待しておきます。それはそうと、宿題を早くやらねば。

成人式

だったようですね、世間は。あれからもう10年経ったなんて、考えたくない。

 

式ねぇ、私は参列したんですよ。当時は実家で、会場もすぐ近くのホール(この前休団した楽団の拠点)で。身体への違和感はありながらも”ただちょっと変なだけの人”として出生時の性別で生きなきゃいけないんだろうなと思っていた頃だったし、原家族の方に「成人式に出ない」という選択肢が無かったようだし、当の私もどうしても出たくない訳じゃなかったんですよね。

いざ会場に着くと結構多くの中学時代の同窓生がウェイ化していて、居心地はそれほど良くはありませんでした。とは言え、その後に部活仲間中心に気の合うメンバーで集まることはできたので、まぁ悪くはない1日だったんです。でも当時の私は今みたいには自分の目指す所が見えていませんでしたね。口から出る将来像は空疎で借り物のように定型句しか出せなくて。どこか常に思考に靄がかかっているような…というより脳内にアクセス制限がかけられているような状態で日々生きていたので、当時だったら上述のような感想すらも紡げなかったと思います。

 

あれから10年。当時考え言語化すべきであったことを今更になってやり直しています。そんな私が新成人の方々に何か言えた立場ではないのは承知ですが、少しだけ思ってることを書かせてもらいます。

  • どうか、世界は今あなたがいる所だけではないと知って下さい。「自分がおかしい」と思っていることも、案外「その世界がおかしい」だけだったりします。
  • できるなら色々な価値観に触れて下さい。しっくりくる/こないはあるでしょうが、それらを通して自分の中に軸を持てると、やがて自身の理想がはっきりしてきて多少は生き易くなるかも知れません。

 

私が新成人の頃にやれていれば良かったこと。しかしできなかったこと。でもここ数年で気付けて多少楽になれたこと。10年前の「私」に向けて。そして10年後に生まれた「私」達に向けて。

晴れの日のお祝いに

大学オーケストラ部の同期2人の結婚式でした。在学中から交際していた2人の祝いの席ということで、関係者大勢が参列。私も入学当初から見てきて、今も同じオーケストラで演奏している仲間同士。恋愛云々というよりは友情の延長で結ばれたようにも映る新郎新婦、微笑ましいひとときでした。お幸せに💒

 

さて私はと言うと、服装で迷って出欠連絡が遅くなってしまっていましたが、結局スーツで髪を掛けて出席しました。でもブラウス着用でメイクはしていたので、私の変化を知らない関係者への”配慮”をしつつも凄く中途半端な格好であったことは否めません。こういう所に私の悪い癖が出ますよね。人目ばかり気にするっていう。まぁ、小学校時代からの諸々あっての行動パターンなので一朝一夕で変わる訳が無いんですが、そればかりだと移行すら完遂できないこと確実なので考えものです。純女勢のフォーマル服、やっぱり綺麗で着たいなぁ。

 

性別で分けられた受付にモヤっとしつつも入場。久し振りに会った同期メンバーからは『誰だかわからなかった』との声もちらほら。でも髪が(レディースで言うと)ショートの域を出ないせいか「イメチェン」止まりの認識が多かったよう。まぁそこに留まって接し方が別に変わらないってのは良いことですけどね。

でも同期の一人が『そのイメチェン?ってどこまで目指してるの?あぁ、私は別に偏見ある訳じゃないけど』と真剣な面持ちで訊いてきまして。現職への転職活動時にも相談に乗ってくれて、サバサバとした裏表の無い人。観察力もある。その場では不特定多数の人がいたのもあって、目指す髪の長さを答えるに留まりました。しかしよくよく考えなくても髪の長さだけなら「どの位伸ばすの?」と訊けばいいし、「目指す」「偏見」という言葉を敢えて選んだ所を見るに、LGBTQも想定しての投げ掛けだったように思えてならないのです。信用できる内の一人でもあるし、いつかの機会には直接”目指す所”を伝えてもいいかなと考えています。

また、帰りの電車で一緒になった別の同期も、新年に会った時こそ私の変化をネタかと思い驚いていましたが、音楽以外にも服とか爪とかご飯とか学生&男時代にはできなかった話を色々とできました。わざわざ自分の最寄りを通り過ぎて向こうの乗り換え駅まで乗っていようと思える位には。加えて、私が振る話に不快感を示す様子も無く。この子にも時間を掛けて伝えれば、少なくとも絶縁されることは無いかなぁと思っています。

 

彼女らにカムしたとして、その後の反応がどうなるかはわからないけれど、言ってもいいと思える人達が居るのはありがたいことですよ。一番話したかった別の子が諸事情あり来られなかったのが心残り。次回の同期飲みはTRPの直後だし、その時の話ついでにってのもありかもね。

昨日の帰宅と入眠が遅かったせいか、せっかくの休日を棒に振ってしまい後悔している所です。うつらうつら、ぬいぐるみと戯れながら。

 

さて、タイトルの爪ですが。両手にベースコートトップコートを塗ってから10日ほど経ちました。色が無いせいか、職場でもまだ指摘されていません。…バレているかどうかは置いといて。

f:id:julia88h:20190112163236j:image

何も塗らない頃から爪磨きでツヤ出しはしていたのですが、コーティングするとツヤがキープされてQOLが上がります。最近は手を褒められることが増えてきたので、もっと自信をつけていきたい。外見で褒められるなんて、人生で皆無だったから。

 

10日も経つと爪が伸びてきて、塗っている/いない所の境目も目立つようになりました。そろそろ塗り直しですかね。寒いから換気したくないけど…。ゆくゆくは色付きにも挑戦したい。光を当てて固めて、ペロッと取れるタイプのネイル。余裕が出たらあれのセットでも買おうかしら。

下半身脱毛 2回目

新年初脱毛は予想外の痛みで初回に悶絶した下半身から。いざ施術…の前にお手洗いで鏡を見たら、顔の青みがかなーーーり残っていてげんなり。照明が強いのもあるけど、毛根一つひとつまではっきりと目立ってしまいショック。最近は職場でずっとマスク、休日はメイクをするから気付きませんでした…。顔周りは月末にやりますが、メディオスターからYAGレーザーに切り替えて正解かも知れません。比較記事を見るとポロポロ抜けるそうですし、デリケートゾーンの時に実際それは感じましたから。

 

さて気を取り直して施術へ。事前の剃毛は済ませてきたんですが、それでも裏側など目や手が届きにくい範囲は残っていたようで、Nsさんにかなりの時間シェーバーで脚を撫でられました。某所でも思ったけど、正直痛みよりくすぐったい方がこたえたわ…(Nsさんにも照射中の反応でバレた)。

前回の記憶があったおかげか、痛みは多少緩和。とは言え、骨に近い表側はやはり呻く刺激ではありました。反面、裏側は肉が痛みを和らげてくれました。本当にほんのり暖かい程度。ホルモン注射始められたらもっとお尻にお肉が付くかしら…。

 

しかし今回、Nsさんが今までで一番丁寧な方でめっちゃ推せました。ジェルを馴染ませる際は照射と同時ではなく事前に広くやってくださいましたし、私の反応や発言を拾ってのコメントで安心させてくださいました。照射中は痛みに集中してしまいがちですが、そんな時に雑談で気を紛らわすことができたのはありがたい…。

また、最近気になっていた腿のブツブツについても教えて頂きました。1回目の脱毛前以降は脚を2ヶ月近く剃らなかった私。それでも赤みとブツブツが残る箇所があったんですね。痒み痛みはほぼ無いんですが、脱ぎ着でポツポツ引っかかって不快感。それってどうやら乾燥が主因のようで。脱毛の過程で照射後の部位に乾燥が続くとこのような状態になるらしく。残念ながら回復には月単位で時間がかかるとのこと(曰く、Nsさんも同じ状態だった時期があった)。ケア方法はまず保湿。「お風呂上がりに暖房の効いた部屋に出る」これが最悪みたいですね…首から下の保湿も寒さが嫌でサボりがちになっていたし、今夜から改善していこう。ということで早速保湿ジェルを買った。

 

来月頭にはデリケートゾーンの2回目を予約。なんと2週連続のYAGレーザーに。果たして私は耐えきれるのか!?次回をお楽しみに!

No pain, no gain.

書けなかったこと

中学時代の分までは書いた自分史。勿論そこにあるものが全てではなく、執筆の段階では思い出せなかったことも恐らくはそれなりにあります。ここ数日でいくつか思い出したことがあったので、備忘録。

 

幼稚園

近所のスーパーに実母と買い物に出た時は、年相応に食玩コーナーを眺めるのが常であった私。宝石っぽいアクセサリーの付いた食玩が一時期すごく欲しかったんですよね。結局買うことは無かったんですが。実母に欲しいと言って断られたのか、「言ったら怒られるかな」と”忖度”し言わなかったのかは定かではありません。ただ「自分はこれを買えない立場なんだ」とわかってからも、陳列されているのを見る度にキラキラ光るパッケージを横目で見ては「良いなぁ」と思っていたのは覚えています。

…調べてみたら、まだこの商品売られてたんですね。あの頃と変わらぬパッケージ、懐かしいなぁ。今年で40年とは!

www.kabaya.co.jp

 

小5〜小6

当時は御多分に洩れず、小学館が出していた学年誌を読んでいました。あの雑誌、毎月2〜3ページを割いて保健体育コーナーみたいなのをやっていたんですよね。月によって女子向けだったり男子向けだったりしましたが(比率としては圧倒的に女子向け)、男子向けの記事を読んでもそれがのちの自分に起こる変化であるというイメージがどうしてもできませんでした。だからと言って女性の身体になっていく訳ではないというのはわかっていましたが。「髪はすぐ切れても伸ばすのはすぐにはできない」事実にショックを受けるような子供でしたが、流石に幼児がいつか”生える”ないし”取れる”と夢想するような段階は卒業できる分別は持ち合わせていたようです。

そうそう、小5後半の慣らし登校期にいわゆる「男女別・保健の授業」があったんですけど、あったこと以外の記憶は残っていないですね。それほど自分事とは思っていなかったということか。

 

小6〜中1

小6の中盤頃だったかなぁ、新しくペンケースを買ったんです。男児より女児が好みそうな淡い水色の布地、そこに大量の色ボールペン。ラメカラーのペンとか持ってたなぁ。

あと、いわゆるプロフィール帳の流行。時代ですねぇ。周りの女子を見ていて自分も書きたいと思いましたが、当時の私はただでさえトラブルが多かったので自らからかいの種を増やすべきではないと思い、羨ましく眺めるに留まりました。本当は混ざりたかった。

 

中1になっても引き続き同じペンケース。加えて、当時流行のゆるキャラをあしらったシャープペンシルだか消しゴムだかを使っていました(『たれぱんだ』か『こげぱん』のどっちかだったと思う。或いは両方)。使う時は基本的に手で隠れるので、見られるかどうかを全く気にしていなかったのがまずかった。事件は入学から2ヶ月も経たない頃(席替えをしておらず出席番号順のままだった)。授業中ふとした拍子にペンケースを落として中身をばら撒いてしまったのです。そして授業終了後、左隣の席の女子にキャラものの文房具であることを指摘されてしまう。当時は新しい環境で日々「どうすればまたいじめられること無く過ごせるか」と気を張っていましたから「実は好きで、かわいくない?」とも言えず。ぶっきらぼうな対応をしてしまったような。これを機に「やはり自分みたいな人が持つべきではないのだ」と思い、翌日から当該ペンと消しゴムは封印。ペンケース自体は破れるまで使い、中1の終わりか中2の初めくらいまで保ったと記憶しています。

 

思い返すと、気を使わずに自分の持ち物を選べるようになるまでにはだいぶかかりましたねぇ。なんだかほんと生き直しって感じが強いです、この1年。

さて、今日はこちらでも相互の音楽仲間とカービィカフェ。カバンに入らなかったけど、ぬいぐるみ連れて行きたかったなぁ。

いつから

すべきか?と思ったことについて。

 

今日は仕事で婦人科検診のデータを扱っていたのですが、「出生時に男性であったトランスジェンダーは、ホルモン治療がどの程度進んだ段階から婦人科検診を受けるべきなのか?」が気になってしまいました。ホルモン投与により乳腺が発達すれば、何も身体を弄っていない時に比べ乳がんのリスクは上がります。

私はフライングの錠剤からジェンクリ受診を機に経皮に切り替え、これから注射になるかどうかという立場ですが、注射より弱くても乳腺の発達は確実にしている訳で。膨らみは微々たるものですしまだ注射になっていないので流石に受診は早いと思っているのですが、注射での投与開始から何ヶ月〜何年後が受診の目安なんですかね?経験談から医学的な話まで、有識者各位のご意見を伺いたいところ。

 

今後の治療の進行にもよりますが、私は受診したいと思っています。流石に健診機関に勤めておいて受けないってのは名が廃る…。まぁ、見た目の変化度合いとか受診先へのカミングアウトとか、我々の周りは他にも問題山積みではありますが(これらについてはまだ私も書くには知見が不足しているので追い追い…)。

 

自分の望む姿に近付くのは大切だけど、できるだけ健康へのリスクも減らしたいですよね、というお話でした。婦人科検診だけじゃなく、ホルモン投与をしているなら血液検査もそう。他に持病があるなら尚の事。そうでなくても生活習慣を乱し過ぎぬよう。トランスライフも健康的に。