ボールとポールを取ってホールを付けたい

性別移行に夢破れた大男。

元・第一希望

先程、お断りの連絡をしてきました。

セクシュアリティのこと等、色々と気を回してくれた大家さんではありましたが、やはりどうしても自分の中であのマンションが「疑似親戚付き合いの場」になってしまうことへの懸念が拭えませんでした。「親の過干渉から逃げた先には大家さんの過干渉がありました」なんて、ギャグにもなりやしない。

 

勿論こんなことは直接言えないので、お互い話していた場で共通の懸念事項として挙がっていた「既存入居者さんとの関係」を理由にしました。どうしてもそこで自信が持てなくて見送らせて頂きたく……と話すと、大家さんはあっさりとしかし人を全く不快にさせない態度で『そうかぁわかりました、まぁこういうのはご縁ものだからね、しょうがない』と言ってくださり、後味としてはとても良い終わらせ方にできたと思います。年の功、だなぁ。最終的に成約には至りませんでしたが、地元で半世紀近くやっているだけはあります。人と人との相性にはなりますが、業者としては信用できる所でした。

 

一旦保留にしていた日曜日。LGBTについて『テレビとかで存在は知ってたけど、まさか自分が矢面に立つとは思ってなかったから勉強になったよ』と仰っていた大家さん。高齢男性という属性ながらこの手のトピックを自ら調べる姿勢もあり、最終的にはこの言葉を引き出せたというだけでもお互いにとって悪くない出会いだったと信じたいですね。

 

明日以降も待たせてしまうと流石に申し訳無いしこちらが火曜くらいにはと伝えていたので今日連絡をした訳ですが、実はもう一つの物件の審査結果は未だ来ず。後には引けないですが、私自身の*1信用情報的にはクリアですしうまくいく方に賭けてみます。ダメなら一旦はごめんなさい下第三希望に再度コンタクト。迅速に丁寧に誠実に進めていこう。

*1:保証会社を使っての賃貸は今回が初めてだからね。